スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワーファクトリー3.0 キタ―ヾ(゚∀゚*)ノ―(σ*゚∀゚)σУ◎―!!

パワーファクトリー3.0来ましたよ。 キタ―ヾ(゚∀゚*)ノ―(σ*゚∀゚)σУ◎―!!




まず用意する物。

部 品
HPI 66735 パワーファクトリー3.0(リコイル付き)エンジン
(スーラジに注文する際は品番の前に"HB"を付けて注文してください)
HPI 87207 エアフィルター
京商 TRW104 エンジンマウントセット
(今回使用していませんが、クラッチベル等調整用のワッシャーも入ってます)
京商 VS057 フライホイール
(GXR-18に付いているものより、肉薄化・軽量化しているようです。コレットも付属)
京商 IFW54 3PCフライホイールナット
HPI Z509 BIN.H.M3×30mm
(エンジンとエキマニの固定用ネジ、GXR-18のビスでは留まらないことはないですが、長さが若干足りません)
HPI Z800 スプリングワッシャー 3×6mm(上記ネジの緩み防止用)
パイロットシャフト径より若干大きい内径のワッシャー2枚
(ホームセンターに売っている、ボルトとナットを締め付けるときに使用する普通のワッシャー)
GXR-18に付いている、クラッチ、クラッチベル、ベアリング、5×20mmシム、3×6mmビス

工 具
パイプレンチ
(フライホイール固定するのに使います。専用工具ではないのでフライホイールに傷が付きますのであしからず)
プラスドライバ
DST付属のクロスレンチ
(3PCフライホイールナットを締めるときに使用、専用工具はいりません)

早速、組み付け換装!!





ここに映っている、4mmワッシャーは使用しません。
内径が小さくてシャフトに入りません。



その代わりに、GXR-18のシャフトより若干長いシャフトの調整に、ホームセンターに普通に売っているワッシャーを2枚使用してクラッチベルを固定しました。

ここで、問題が発覚しました。



写真のようにリコイル部分がパワーファクトリー3.0の方が大きい。
これが、次の写真の所に当たって、換装不可になります。


とりあえず、ここをカッターで削って載るように加工しました。
でも、このままだと足回りの強度不足だと思われるので、ロトスターター化必須のようですね。
ロトスターター化すればバックプレートの厚みが無くなるので、加工無しで載ると思います。



載せるだけは載せました。(;^_^A アセアセ…
後は、ブレークインです。

うーん、これ以上金を掛けたくなかったんですが、ロトスターター&ロトバックプレート&ストレートバッテリの購入をしなければならなくなりました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

ZERO

Author:ZERO
北の大地でRCへようこそ!
RCカーがメインのブログです。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。