スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロトバックプレートの取付

本日はロトのバックプレートの取付をしました。
アッセンで簡単に付くだろうと踏んでいたんですが、少々手を入れ無ければならなくなりました。



HB11316 HPI(HB) JUMP-STARTバックプレート(46エンジン)を付けた場合
こんな感じで、1mmも満たない程度バックプレート側が浮いています。



87130 HPI ロートスターターシステム2(ナイトロスターF/リコイル付用)に付属のバックプレートの場合
上記よりさらに開いてしまいます。

マウントスペーサーは、ロト化するならいらないと思い注文していなかったんですよね~。(;^_^A アセアセ…



そこで、1mm厚のワッシャーをマウントとマウントベースの間に噛ましてみました。
ワッシャーは1枚だけ車体取付ビスと干渉するので、削って噛ましてあります。
これで無事、車体に載せることが出来ます。



こんな感じで、例の場所にも干渉しません。



アッパーサスアームとドライブシャフトの間を通して、ロトのシャフトを入れることが出来ます。

日曜日、家の用事がなければ、インプレ及びパワーファクトリー3.0換装後の動画アップ予定です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

ZERO

Author:ZERO
北の大地でRCへようこそ!
RCカーがメインのブログです。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。