スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の更新より前の話・・・

前回の更新の前の週のお話です。
記事をアップし忘れていましたので。(;^_^A アセアセ・・・

先々週の走行時、SグリップタイヤにダンパーがTRFダンパーという組み合わせで、
リアのアップライトのアッパーアーム取付位置を上段にセッティングしていたのですが、
気温の高い時はこのセッティングで何の問題もなく走行できていました。

しかし、午後4時を回って気温が低くなってくると状況が一変・・・。

転ぶ転ぶ><
何故?
実は我がM05はM03だったのか?(そんな訳ないw)

ハイサイドが起きまくり状態になってしまいました。
バネをOP.333からTRFショートに変更しようが、リヤのアップライトのアッパーアーム取付位置を変更しようが、いっこうに良くなる気配がありません。
当日は結局原因が分からず、そのまま終了。><

そこで、義弟くんのM05とのマシン差を探っていくと、解決の糸口が見えてきました。
義弟くんのマシンにはテックのM用ショートケースショックが奢られています。
コイツがひょっとしてハイサイドの原因なのか?
と思い、いろいろM05関連のブログを探っていると・・・。
ありました。
TRFダンパーを使用してハイグリップタイヤを使用すると、
高速コーナーでストローク不足のため、ハイサイドが起こりやすくなるそうです。
ショックがフルバンプし、それ以上縮まなくなるのが原因の様ですね。(今回の場合は、気温が下がってグリップが上がった)

自学サーキットは殆ど握りっぱの超高速サーキット。
絶対コレですね。(^^ゞ

そこで、投入したのが、
MシャーシHGアルミダンパー!!

TRFダンパーのショートケース&ショートピストンロッドバージョンですね。^^
Mシャシー向けに作られたダンパーです。
結構お高いのに、ピストンロッドがチタンコートでないのがガッカリですがね。

実際に組んで見たら、縮み側がこんなに違うのですね。

TRFダンパー
IMG_1479_edited-1.jpg

HGアルミダンパー
IMG_1478_edited-1.jpg


2mm以上の差がありました。
これだけ差があれば、走りにかなり影響しますって。(;^_^A アセアセ・・・

ダンパーのセッティング内容は、
伸び側ダンパー長 56mm(Oリングをインナーに1個入れ)
ピストン F:3穴 R:2穴
オイル:FRともに#400
スプリング F:OP.333 黄 R:OP.333 青(定番ですね)

スポンサーサイト

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

コメント

ほぇ~…

そんな差で走りが変わるなんて奥が深いっすねぇ…

Re: ほぇ~…

>Leonさん
2mmの差、大きいですよ。^^
タイヤはアームの先ですから、もっと大きく動きますからね。

2mmの差!

なるほど、アームの先はもっと違いが大きくなりますよね!

うちのM05ですが、最初キットに入っていたのはフリクションダンパーでした。
ピョンピョン弾むし><
即、お安いCVAに交換。
ところが、なんだかストロークが短くなってアームの稼動域が減ったような気がするんですよね><

走らせてないので何とも言えませんが・・・オフ仕様ですし・・・。
何とかせねば!

Re: 2mmの差!

>slowさん
そうそう、だから2mmの差が大きいのですよ。

M05標準キットとM05Raはフリクションダンパーでしたよね。
CVAダンパーはそんなにストローク長くないですからね。
Raの場合、TRFダンパーとHGダンパー、どちらが良いのでしょう?
近いうちにRa足手に入れてみようかな。

それよりも先にslowさんが検証しちゃうかな?
非公開コメント
プロフィール

ZERO

Author:ZERO
北の大地でRCへようこそ!
RCカーがメインのブログです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。